悪魔ドアラ、名古屋で握手会-写真集「ドアラの九州旅日記」発売記念で

握手会に集まったファンの前で、決めポーズをとる悪魔ドアラ。

握手会に集まったファンの前で、決めポーズをとる悪魔ドアラ。

  • 0

  •  

 三省堂書店名古屋高島屋店(名古屋市中村区名駅1)で11月25日、中日ドラゴンズ・マスコットキャラクター「ドアラ」が写真集「ドアラの九州旅日記」(中日新聞社)の発売を記念して握手会を行った。

発売した写真集を手に持ちポーズをとるドアラ

 全88ページの同写真集は、九州の別府・由布院・大宰府・博多・阿蘇・熊本・門司港・長崎を巡ったドアラの旅日記をまとめたもの。もともと旅の模様を「ドアラの九州旅日記」とし、中日スポーツウェブ内特設サイトでウェブムービー、中日スポーツ紙面で「ドアラ」自身がつづる新聞小説風日記として公開していた。未公開映像を含むDVDやペーパーフィギュアなどの付録も付く。価格は2,000円。

[広告]

 写真集について、ドアラは「まだじっくり見てない」と話し、その直後に報道陣から「お気に入りの写真は?」と聞かれると「全部」と答えた。また九州の感想を尋ねると「いい所。名古屋の次に」とドアラ。

 握手会には、別府の海地獄や血の池地獄にちなんだ「悪魔ドアラ」姿で登場。サービス精神旺盛なドアラはファンと丁寧に握手を交わし、記念撮影に応じた。

 ファンの中には、宝くじをプレゼントした人、ドアラが好きな「ドラゴンボール」の玩具をプレゼントした子ども、希望したポーズで写真を撮ってもらえなかった残念な人、ドアラを見て泣き出してしまう子どもなど、周囲の笑いを誘うファンの姿が多く見られた。

 同企画の広報担当者は「握手会の参加人数は100人限定だったので、じっくりドアラと触れ合うことができたはず。前回のイベントは会場が混乱するほど反響がすごかったので、今回は店頭だけでひっそりとこのイベントを告知していたが、それでも多くの人が握手会に参加してくれたのでうれしい」と話す。

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?