名駅に焼き鳥店「火神」-「安い、うまい」をコンセプトにビジネスマン客狙う

開店前は串打ちなどの仕込みに時間をかける

開店前は串打ちなどの仕込みに時間をかける

  • 0

  •  

 名駅3丁目に7月22日、焼き鳥店「火神」(名古屋市中村区名駅3、TEL 052-564-7747)がオープンした。

 コンセプトは「安い、うまい店」。オフィス街が近いことからビジネスマンが仕事帰りに気軽に立ち寄れる店を目指す。店舗面積は約10坪で、席数はカウンター席6席、テーブル席20席を設ける。

[広告]

 「店内のメニューはすべて手作り」と樋上店長。焼き鳥で使う塩もだしで煮詰めて作りひと手間掛ける。鶏肉は「刺身で食べることができる」新鮮な岐阜の朝引き赤鶏を使用。タレは素材の味を生かすため薄味に仕上げた。

 主なメニューは、焼き鳥(120円)、せせり(90円)、つくね(100円)、砂肝(110円)、うずら(110円)、シシトウ(120円)など炭火焼きを約20種類用意するほか、くし揚げ、一品料理、ご飯もののほか、デザート取りそろえる。「焼き鳥はもちろん、鶏のスープで煮込んで揚げたポテトフライ(380円)もおすすめ」と樋上店長。

 ハイボールの種類が多いのも同店の特徴で、ハイボール目当ての客も多いという。専用サーバーで作るハイボールは「通常より炭酸が強くおいしい」とも。スタンダードからユズ、梅、カシス、ベジタブルなど10種類以上のハイボールを提供する。価格は290円~。そのほかビール、焼酎、ワイン、日本酒なども用意。

 オープンして約1カ月たった。樋上店長は「リピーターの方や口コミのおかげで徐々に広がってきた。客単価は2,300円くらい。フラッと来て、ちょっと飲んで帰るみたいな気軽に利用できる店になれれば」と話す。

 営業時間は、月曜~木曜・日曜=17時~24時、金曜・土曜=17時~翌1時。

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース