食べる 見る・遊ぶ

名古屋駅地区で「メイエキの涼」 「涼しげ」なフォトスポットや屋外飲食スポット

昨年開催した「打ち水大作戦」の様子

昨年開催した「打ち水大作戦」の様子

  •  

 名古屋駅地区街づくり協議会(名古屋市中村区名駅4)は現在、名駅エリア各所でにぎわいづくりや魅力向上を目的にした夏のイベント「メイエキの涼」を展開している。

屋外飲食スポット「ポケット・オアシス」(昨年の様子)

 今回初めて、かいわいの商業施設などに「涼しげ」なフォトスポットを設置した。大名古屋ビルヂング(名駅3)地下1階には夏祭りをテーマにした大きなちょうちんと櫓(やぐら)のオブジェが登場。KITTE名古屋(名駅1)は吹き抜けのアトリウムなどに色とりどりの有松絞を使った装飾を施す。ミッドランドスクエア(名駅4)はオフィス棟1階に金魚や水の波紋をモチーフにしたディスプレーを設置した。フォトスポットは全部で6カ所で、同イベントの特設サイトで場所を確認できる。

[広告]

 現在、インスタグラムを活用したフォトキャンペーンを実施。6月30日~7月31日の間に撮影した写真に「#メイエキの涼2018」を付けて投稿すると参加できるもので、抽選で12人に名駅かいわいの施設で使える食事券や商品券が当たる。参加には同協議会のインスタグラム公式アカウントをフォローする必要がある。7月31日まで。

 同協議会は昨年冬にイルミネーションのSNSフォトコンテストを実施。事務局担当者は「イルミネーションのフォトコンテストは500件くらいの見込みだったが、結果1000件近くの応募を頂いた」と振り返る。「今回は夏のメイエキを知っていただくために企画した」とも。

 20日には名駅通り周辺で「打ち水大作戦」を開催。今回で10回目。近隣のワーカーが打ち水で「涼やかなおもてなし」をする。20日~22日の3日間は、期間限定で商業施設前の屋外スペースに飲食スポットを設置する「ポケット・オアシス」を実施。クラフトビールやジェラート、焼き鳥やローストビーフ、中華料理などを販売するブースが出店する。内容は日により異なる。20日には「ポケット・オアシス」3カ所に氷の彫刻を設置する。

 浴衣を着用した人または専用のうちわを持参した来店者を対象に「浴衣deお得」を実施。商業施設各店(参加店のみ)などで、ワンドリンクサービスや割引などの特典が受けられる。参加施設は特設サイトで確認できる。今月31日まで。

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?