見る・遊ぶ

名古屋で国内外の地域伝統芸能一堂に 「日本の祭り in あいち・なごや」初開催へ

日本の祭り in あいち・なごや2018

日本の祭り in あいち・なごや2018

  •  

 国内外の祭りや踊りを楽しめる地域伝統芸能全国大会「地域伝統芸能による豊かなまちづくり大会あいち・なごや」(愛称=日本の祭り in あいち・なごや2018)が11月3日・4日、名古屋で開催される。

 サブ会場のドルフィンズアリーナ(名古屋市中区二の丸1)東側広場と第2競技場では、申し込み不要で観覧することができる。(メイン会場は事前申込制、締め切り済み)

[広告]

 地域伝統芸能全国大会は年1回、国内外の地域伝統芸能が一堂に集まり競演するイベントで愛知では初開催。全国で26回目。伝統芸能の公演などを通じて地域に対する住民の誇りや愛着を高め、未来へ向けた保存・伝承につなげるとともに、その魅力を幅広い世代や国内外へ発信することがイベントの目的。

 サブ会場では、3日は「気仙町けんか七夕太鼓」(岩手県陸前高田市)、「阿波おどり」(徳島県徳島市)、「尾張新次郎太鼓」(名古屋市)、「The Sukhothai Dance」(タイ国スコータイ)、4日は「よさこい鳴子踊り」(高知県高知市)、「花祭」(愛知県北設楽郡豊根村)、「比婆荒神神楽」(広島県庄原市)、「龍神(りゅうじん)舞」(台湾台北市)などが登場し、2日間でのべ22公演を行う。出演団体はホームページで紹介文を掲載している。

 大会スペシャルサポーターを担う男性アイドルグループ「祭nine.」のミニライブも実施。ミニライブの開催時間は3日=12時40分ごろ~、4日=11時30分ごろ~。SKE48の祭をテーマにしたトークステージ(4日、12時30分頃~)や、ご当地キャラクターが集まるイベントなども展開する。

  サブ会場の開催時間は11時~16時。入場無料。

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?