見る・遊ぶ

堀川でクルーズイベント まち散策やディナー楽しむプログラム

堀川を走る船(イメージ)

堀川を走る船(イメージ)

  •  
  •  

 名古屋の中心部を流れる「堀川」をクルージングで楽しむイベント「冬の堀川 お散歩クルーズ」が12月14日・15日・16日・27日・28日、開かれる。

船上から見る堀川とかいわいの街並み(イメージ)

 水上交通を使って、名古屋城や四間道(しけみち)などの堀川近くにある名古屋の「魅力スポット」を結び、回遊性の向上を図る目的で社会実験として行われるもの。

[広告]

 船着き場は名古屋城近くの「朝日橋」、四間道や円頓寺に近い「五条橋」、納屋橋近くの「ピア納屋橋」の3カ所。デイクルーズとディナークルーズを用意。

 デイクルーズ(3,000円)は、2区間分の乗船券と、堀川かいわいにある飲食店などで期間中使える金券「まち歩きクーポン」(1,000円分)、名古屋城入場券をセットにする。「江戸時代の面影を残す四間道や、懐かしい雰囲気の円頓寺商店街、納屋橋という人気スポットをまち歩きクーポンを使って散策を楽しめる」。乗船2日前まではチケットをウェブで販売。当日券は名古屋城正門前ブースまたは各船着き場で販売する(当日券での乗船は、各船着き場で発行する整理券が必要)。

 ディナークルーズ(5,000円)は1日1便限定で、乗船、船内で食事(和会席料理)とフリードリンク、「堀川のカワガイド」が堀川にまつわる話、堀川の知識などを紹介する。乗船時間は約2時間で、希望の船着き場から乗船し、「宮の渡し」でUターンし船着き場に戻るルート。事前予約制で締め切りは乗船3日前まで。乗船する船着き場を指定し予約できる。デイクルーズ、ディナークルーズ共に乗船のみは利用できない。

 デイクルーズでは船内天井に、ディナークルーズでは船内天井と船外の河岸に雪のプロジェクション動画を投影する演出も。「一足早い雪の訪れを感じてほしい」。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋駅前広場の再整備に向けて、「名古屋らしさ」を感じる象徴的な空間形成「名古屋の顔づくり」のアンケート・アイデア募集が始まりました。「名古屋らしさ」を考える上でどういった視点を重視しますか?