食べる

名駅エリアの地下街に定額制コーヒーの喫茶店 ワイン飲み放題も

「BELL's cafe」店舗外観。場所は地下街「メイチカ」内、地下鉄6番出入り口近く

「BELL's cafe」店舗外観。場所は地下街「メイチカ」内、地下鉄6番出入り口近く

  •  
  •  

 月割定額制でコーヒー・紅茶飲み放題を提供する「BELL's cafe(ベルズカフェ)」(名古屋市中村区名駅3、TEL 052-541-8774)が12月3日、名古屋駅周辺の地下街「メイチカ」内にオープンした。

おにぎりが付いたモーニング「Bセット」

 店舗面積は48坪で86席を設ける。「ふらり寿司」「お台所ふらり」を展開するプライムサービス(西区)の新業態店。

[広告]

 コーヒー・紅茶飲み放題の1カ月の料金は3,500円(12月・1月中はオープニング価格2,980円で販売)。入店・着席し会員証を提示しコーヒーまたは紅茶を伝えると提供される仕組み。1回の来店で1杯限りだが、1日に何回でも利用できる。コーヒーは紀州備長炭で約40分掛けてローストした豆を使う「長時間焙煎(ばいせん)炭焼ブレンド」(通常料金380円)、紅茶は専門家がセレクトした同店オリジナルティー(通常料金430円)。コーヒーはアメリカン(通常料金380円)も可。

 同社の塚本謙一社長によると、東京を訪れた際に知ったコーヒー定額制の仕組みを取り入れた。「名古屋でこの仕組みを利用している店を調べたが見つけられなかった。大手が取り組んでいない、面白いことをやろうと思った」と話す。元々喫茶店を利用することが多いという塚本さん。「考え事をしたり休憩に使ったりするなど1日3回くらい使うことも。営業の仕事をしている人など、喫茶店利用が多い人はお茶代もバカにならない。小遣いで利用している方はやりくりが大変だと思う。より気軽に利用してもらえるように、サラリーマンやOLにやさしい店になれたら」。コーヒーのみテークアウトにも対応する。食事後に店内でコーヒーを楽しみ、退店前に職場などで飲む用にテークアウトする使い方もできる。ほぼ毎日来店し1日に5回利用する人もいるという。

 食事メニューも充実させた。主菜、副菜、汁物などのセット「ごはんプレート」は6種類(単品900円~、ドリンク付き1,080円~、ドリンク・ケーキ付き1,380円~)。「若鶏の唐揚げマウンテン富士山プレート(唐揚げ250グラム)」は、唐揚げの量の違いで「モンブラン」(350グラム、150円追加)、「エベレスト」(450グラム、300円追加)も用意。「豚肉と根菜の黒酢あんかけプレート」、唐揚げ2個付きの「ごろごろ根菜の黒カレーセット」、「生サーモンレアカツ唐揚げ付きプレート」(180円追加)など。小学生以下限定でハンバーグ、オムライスなどを入れた「お子様プレート」(580円)も。

 モーニングタイム(7時30分~11時)は、ブレンドコーヒー(380円)などの全てのドリンクに無料でトースト(半分)とゆで卵が付く。そのほか、トースト半分2枚の「Wトースト」(50円追加)、「小倉あんWトースト」(90円追加)など。430円までの好きなドリンクに、バタートースト、ワッフル、ソーセージ、卵料理、サラダ、ヨーグルトが付く「Aセット」(450円)、タマゴサンド、おにぎり、ゆで卵、卵料理、サラダ、ヨーグルトが付く「Bセット」(500円)も。平日・土曜・日曜共、価格は変わらない。「週末はボリュームのあるAセット、Bセットの注文が多い。小さなお子さまと分け合って食べていただくのもおすすめ」とも。

 希望のケーキとドリンクを選べるケーキセット(760円)は、「ケーキをよりおいしく味わえるオリジナルティーがおすすめ」(塚本さん)。

 30分540円(延長可)でワイン飲み放題も用意。2種類のスペイン産のたるワインをセルフサービスで提供する。「カフェだけでなく、バル的な使い方をしてほしい」(塚本社長)。アルコールメニューは、サッポロ生ビール黒ラベル、ハイボール、焼酎、サワー(以上480円)など。「コーヒー・紅茶定額制パスカード」持参客には、生ビール、ハイボールを300円で提供する。近日中にビールの飲み放題(30分540円)も始める予定。

 「季節のアヒージョ」(680円)、「唐揚げマウンテン 富士山」(250グラム、580円)~、「四日市名物トンテキ」「生サーモンレアカツ」「豚肉と根菜の黒酢あんかけ」(以上、880円)、枝豆、ポテトフライなど、アルコールにも合うようなアラカルトメニューも用意。

 営業時間は7時30分~21時30分。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?