3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

Zepp Nagoyaで「ボヘミアン・ラプソディ」大音量上映会 開業15周年で

開業15周年を迎えるZepp Nagoya外観

開業15周年を迎えるZepp Nagoya外観

  •  
  •  

 映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大音量上映会が3月10日、Zepp Nagoya(名古屋市中村区平池町4)で開催される。

大音量上映会で上映する映画「ボヘミアン・ラプソディ」

 2005(平成17)年3月11日に開業した同施設の15周年を記念して行うもの。ステージの間口いっぱいの約8×14メートルの迫力ある巨大画面に映し出される映像と、同作に合わせてチューニングするという同施設のサウンドシステムから流れる音を楽しめる。

[広告]

 Zepp Nagoyaの中村新三さんによると、同施設ではこれまで、B’zやMr.Children、ボブ・ディラン、リンゴ・スターといった大御所から、カーリー・レイ・ジェプセン、Official髭男dism、King Gnuなど新進気鋭まで、過去さまざまな洋邦アーティストがパフォーマンスしてきた。「家庭では決して味わえないライブさながらの大音量と音圧。さまざまな公演で用いられてきたサウンドシステムを体感できる。ライブさながら、時に声を出し、体を揺さぶりながら盛り上がっていただきたい」と話す。

 「クイーンは幅広い世代から支持を得ているアーティスト。映画『ボヘミアン・ラプソディ』は音楽映画としては異例とも言える大ヒットを記録した。1月30日にはナゴヤドームでクイーンの公演も開催されたことから、周年の大音量上映会にこの作品を選んだ」と言う。

 開催時間は、昼の部=13時30分開場・14時開映、夜の部=19時開場・19時30分開映。チケットは記念の特別価格で1,000円(整理番号付き、全席自由)で販売。別途ドリンク代600円が必要。着席型で各回649席を設置する予定。チケットはイープラス、チケットぴあ、ローソンチケットで販売。当日券はチケットに残りがある場合のみ販売予定。

 3月9日~15日(予定)を「15周年ウイーク」とし、記念グッズも販売する。

※上記イベントは新型コロナウイルス対策により延期(振替日未定)となりました。(2月27日発表)

Stay at Home

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?