食べる

名鉄百貨店が七段重の「ナナちゃんおせち」 和洋中に高級食材、肉やスイーツも

ふたにナナちゃんのシルエットをプリントした八角重の「めいてつ特選 ナナちゃんおせち七段重」(イメージ、画像提供=名鉄百貨店)

ふたにナナちゃんのシルエットをプリントした八角重の「めいてつ特選 ナナちゃんおせち七段重」(イメージ、画像提供=名鉄百貨店)

  • 53

  •  

 名古屋のシンボルの一つ「ナナちゃん」の七段重のおせちが、名鉄百貨店本店(名古屋市中村区名駅1)で予約販売されている。

重のふたに「ミュースカイ」をデザインした「名鉄電車おせち」

 同商品は名鉄百貨店の2021年のおせちの新商品。2021年の正月に予想される「巣ごもり正月」「帰省控え正月」を見据え、自宅でいつもよりぜいたくな気分を味わえるようなおせちのほか、少人数向けや取り分け不要の小分けおせちなどを用意する。

[広告]

 同店オリジナル商品の「めいてつ特選 ナナちゃんおせち七段重」は、ふたにナナちゃんのシルエットをプリントした八角重の七段。一の重から和食、洋食、和と洋、高級食材、肉のオードブル、中華、スイーツが入る。世界の高級食材を使った四の重はフォアグラ入りカンパーニュ・トリュフ入りローストチキン・キャビア、五の重の肉のオードブルはアスパラとベーコンのチキン巻き・ボロニアソーセージ・チキンスモーク・合鴨(あいがも)とチーズのパイ包み焼き・ビーフスモークなどを詰め合わせる。

 同店広報担当は「和、洋、中、スイーツとバラエティー豊かなので、お年寄りからお子さままで見て、食べて楽しんでいただきたい。ご家族みんなで豪華な七段重を囲んで新年を迎えてほしい」と話す。価格は3万円で3~4人前。100セット限定。名鉄百貨店一宮店でも販売する。

 そのほか、名古屋で親しまれる「しょうゆベースの濃いめの味付け」を大切にしたという「めいてつオリジナル 和風三段重」(1万9,000円、3~4人前、100セット限定)、原料・原産地、調理の全てを北海道で統一したエゾアワビやホタテ、イクラなどを一段に詰め合わせた「めいてつ特選 北海道づくしおせち」(1万8,000円、同)、名古屋鉄道の空港電車「ミュースカイ」をデザインしたふたの重箱の「名鉄電車おせち」(1万3,000円、2~3人前)など。

 個食・少人数おせち商品は、同じ内容を2折セットする京都の料亭が手掛ける「京都・花園 濱登久」(1万800円、2人前)や「京都・洛東 わらびの里」(1万2,960円、同)、升目上にさまざまな料理を詰め合わせた「めいてつ特選 一口おせち和洋二段重」(1万5,000円、2~3人前、150セット限定)など。

 メンズ館地下1階に特設会場を設置する。同店では毎年、来店客からの多くから上がる「カタログの商品を指さしながら『この見本はある?』」という声に応えるために、実寸のロウサンプルを約70点展示して、実際の大きさや入っている具材、ボリューム感を確かめられるようにしている。

 予約は店頭とインターネットで受け付ける。店頭は12月25日まで、インターネットは12月20日23時59分まで。

Stay at Home

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?