食べる

名古屋駅地下街に高級食パン店「銀座に志かわ」 愛知で10店舗目

食パン専門店「銀座に志かわ」の「水にこだわる高級食パン」(画像提供=銀座に志かわ)=銀座に志かわ 名駅店

食パン専門店「銀座に志かわ」の「水にこだわる高級食パン」(画像提供=銀座に志かわ)=銀座に志かわ 名駅店

  • 39

  •  

 食パン専門店「銀座に志かわ 名駅店」(名古屋市中村区名駅4、TEL 052-526-2424)が3月9日、「名古屋駅地下街サンロード」内にオープンした。

「名古屋駅地下街サンロード」内にオープンした店舗の様子

[広告]

 「銀座に志かわ」は、2018(平成30)年9月に1号店を東京・銀座にオープン。現在は日本全国に店舗を展開する。名駅店は国内では93店舗目、愛知県では10店舗目。

 コメからパンへと主食が変化しつつ、昨今では「高級食パンブーム」といわれる中、同店では「一度食べたら、もう一度食べたくなる」をテーマに商品開発した。

 商品は「水にこだわる高級食パン」(1本=864円)のみ。「水にこだわる」を原点に、独自に開発したアルカリイオン水を使用。天然水に比べPh値が高めで、各種ミネラルバランスを添加するアルカリイオン水で、小麦や生クリーム、蜂蜜などの食材のうま味成分を引き出すという特徴もあり、同社によると「絹のようにやわらかい食感。ほんのりとした甘みを感じる食パンができる」という。

 昨年10月には2年連続で伊勢神宮内宮(ないくう)・神楽殿に奉納した。

 「1日目は生食」「3日目以降はトーストして」など、経過時間と共にさまざまな食べ方を推奨する。公式インスタグラムでは、ワインや日本酒に合う「おつまみ」としての顔や、和の食材にも合う「ご飯の代わり」としての側面などを紹介している。

 手土産需要も想定し、料亭の持ち帰りをほうふつさせるような、オリジナルのギフトボックスを採用。「ちょっと気の利いた手土産」「プチぜいたく」「自分へのご褒美」といったニーズにも対応する。

 営業時間は10時~19時(売り切れ次第営業終了)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース