食べる 買う

名駅に「ザ・ラムネラバーズ」 「クッピーラムネ」のカクダイ製菓が新ブランド

ジェイアール名古屋タカシマヤ1階北ブロックにオープンした「ザ・ラムネラバーズ」店舗の様子

ジェイアール名古屋タカシマヤ1階北ブロックにオープンした「ザ・ラムネラバーズ」店舗の様子

  • 32

  •  

 「クッピーラムネ」を製造する「カクダイ製菓」(名古屋市西区名西1)の新ブランド「ザ・ラムネラバーズ」が3月3日、ジェイアール名古屋タカシマヤ(中村区名駅1)1階北ブロックにオープンした。

「ザ・ラムネラバーズ」店頭に並ぶ「生ラムネ」

 同社の商品企画担当者によるとラムネを作り続けて70年の当社初のラムネ菓子新ブランド。「作る工程の中で乾燥させるが、乾燥させる前の状態が水分量が多くておいしいので、商品化できないかと試行錯誤した」という。原材料にこだわり、中にはパティシエによる味の提案を受けて作ったものもある。

[広告]

 駄菓子のイメージのラムネを「大人のラムネ」とし、手土産需要も意識しパッケージにもこだわり、味にも名古屋らしい「小倉トースト味」も用意する。

 商品は「生ラムネ」と「ラムネドルチェ」の2種類で、それぞれ味を展開する。「生ラムネ」は「ほどけるような、雪解けのような口溶け。果汁を使う味は、とてもジューシー」。味は5種類。瀬戸内レモンエキスと蜂蜜を使った甘酸っぱい「ハニーレモネード」、メロンの香りとラムネの酸味がメロンクリームソーダを思わせる「メロンクリームソーダ」、セイロンティーとオレンジが香る「オレンジティー」、香ばしいピスタチオの香りとラズベリーの甘みが作り出す「洋菓子のような味わい」の「ピスタチオラズベリー」、小豆のほんのりとした甘さとバターのコクのまろやかな味わいの「名古屋小倉バター」。価格は40グラム810円。生ラムネ全種を詰め合わせたアソートボックスは、5袋入り=1,620円、15袋入り=3,888円。

 「ラムネドルチェ」はポリポリとした食感で味は2種類。「ティラミス」はマスカルポーネのラムネをいったん作りクラッシュさせたものにクーベルチュールチョコレートを掛けて粉末コーヒーをまぶす。「抹茶ラテ」は抹茶味のラムネにクーベルチュールチョコレートを掛けて西尾抹茶をまぶす。「大人な味わい」のラムネという。価格は50グラム918円。

 「クッピーラムネのように長く愛されるブランドに育てていきたい。大人の方にも男性にも召し上がってほしい」と同社担当者は話す。

 営業時間は10時~20時。

名駅経済新聞VOTE

4月25日は名古屋市長選挙の投票日です。期日前投票などを含め、投票に行きますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース