食べる

名駅前の商業施設に「ジェローム・バスクチーズケーキ」味わえる限定カフェ 

「ジェローム・バスクチーズケーキ」のホールを手に笑顔を見せるジェローム・キルボフシェフ

「ジェローム・バスクチーズケーキ」のホールを手に笑顔を見せるジェローム・キルボフシェフ

  • 11

  •  

 フランス人シェフのジェローム・キルボフさんが監修するバスクチーズケーキが味わえる「カフェ バスコ」が4月28日、名古屋駅前の「大名古屋ビルヂング」(名古屋市中村区名駅3)2階に期間限定出店した。

とろりとした「ジェローム・バスクチーズケーキ」1ピース

 ジェロームシェフはパリ出身で、スペインの三つ星レストラン「サンパウ」のヘッドシェフ、4年間連続二つ星を獲得した東京にある「サンパウ トウキョウ」のエグゼクティブシェフを歴任。現在は、東京・広尾にオープンしたガストロバー「グラシア」の料理監修を手掛け、人気を集めているという。

[広告]

 「カフェ バスコ」では「ジェローム・バスクチーズケーキ」と「ヘイガンオーガニックコーヒー」と共同開発したジェロームオリジナルブレンドコーヒーなどを提供する。席数は約35席。

 本場のスペイン・バスク地方のチーズと北海道産のクリームチーズを使う「ジェローム・バスクチーズケーキ」について、ジェロームシェフは「甘みと塩気のバランスがいいチーズケーキ。日本のチーズケーキは子ども向けの優しい味だが、ジェローム・バスクチーズケーキは子どもから大人まで家族で楽しめる。コーヒーやワインにも合う。最初の一口から食べるごとに舌触りや味の変化も楽しめる」と話す。

 同店担当者によると「グラシア」のコース料理のデザートとして提供していて人気があるほか、「ジェローム・バスクチーズケーキ」だけを求めワインと一緒に楽しむ人もいるという。

 「ジェローム・バスクチーズケーキ」の価格は、1ピース=900円、1ホール=6,400円。テークアウトも対応する。ドリンクはコーヒー(600円)、ティー(700円)のほか、スパークリングワイン「カヴァ」(1,200円)、白ワイン(1,200円)、赤ワイン(1,000円)も用意する

 店内ではジェロームシェフがセレクトしたスペインのオーガニック食材や菓子、オリジナルアイテムのエプロンやシャツなどの販売も行う。

 営業時間は11時~21時(同施設の営業時間時準ずる)。6月24日まで。

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース