名鉄百貨店本店で「サロン・ド・ショコラ」-規模拡大で約60ブランド

8カ国のトップショコラティエのショコラ詰め合わせ「セレクション・アンテナショナル」

8カ国のトップショコラティエのショコラ詰め合わせ「セレクション・アンテナショナル」

  •  
  •  

 名鉄百貨店本店(名古屋市中村区名駅1)は2月7日より、本館7階催場でチョコレートの催事「サロン・ド・ショコラ」を開催する。

 「サロン・ド・ショコラ」は、フランスのパリで毎年秋に行われている世界中のショコラティエが新作ショコラを発表する見本市のこと。「チョコレートのパリコレ」とも言われる世界規模のチョコレートの祭典で、パリでは1995年に初開催された。国内では、伊勢丹新宿店(東京都新宿区)が同祭典に参加したショコラティエのチョコレートなどを集め2003年から開催。名鉄百貨店本店では、伊勢丹新宿店のアドバイスを受け昨年より同企画を開催している。

[広告]

 今回は、前回の8階の会場から7階催場(763平方メートル)へ規模を拡大し、7カ国約60ブランドを取りそろえる。出店ブランドは、フランスの「ジャン=ポール・エヴァン」「ピエール・エルメ」「アンリ・ルルー」をはじめ、1952年創業、店舗で独自にカカオ豆を輸入しチョコレートを製作している「ベルナシオン」も名古屋初登場。ほかにジャン=シャルル・ロシュー、フランク・ケストナーなどパリの「サロン・ド・ショコラ」に出店したブランドなども登場する。

 また、フランス国家最高職人「M.O.F.」を取得した、アンリ・ルルー、ファブリス・ジロット、インサルジェー、パトリック・ロジェらショコラティエ4人の作品を集めたアソートボックス「セレクション・デ・セレクション」(各3個ずつ12個入り、4,200円)や、フランスのトップショコラティエ10人のショコラ詰め合わせ「セレクション・スペシャル」(10個入り、3,570円)、ベルギー、ルクセンブルグ、スペインなど8カ国のトップショコラティエのショコラ詰め合わせ「セレクション・アンテナショナル」(8個入り、2,940円)なども販売する。

 同店の担当者は「数年前から、バレンタインに関係なく自分用や友人へのプレゼントに高級チョコレートをいくつも購入する女性が増えている。男性の高級チョコレートファンも多く、1人で購入していく男性もいて、毎年高級チョコレートの需要が高まっているのを感じる」と話している。営業時間は10時~20時。2月14日まで。

名鉄百貨店本店

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?