名古屋の書店やカフェが参加する「本」の共同イベント初開催

「BOOKMARK NAGOYA」ビジュアルイメージ

「BOOKMARK NAGOYA」ビジュアルイメージ

  •  
  •  

 名古屋の書店やカフェなどが参加し共同で開催するイベント「BOOKMARK NAGOYA(ブックマークナゴヤ)」が来年2月9日より、名古屋市内各地で開催される。

 同企画は、「本と本屋の魅力を再発見しよう」と名古屋の書店、本を取り扱うカフェや雑貨店などが参加し、同時多発的にフェアやイベントを開催、名古屋の街全体でブックシーンを盛り上げようと行うもの。

[広告]

 企画は、ショップとギャラリーを併設した書店「YEBISU ART LABO」(名古屋市中区錦2)の岩上さんが「全国で、新しいスタイルの書店が出現し注目されていく中で、名古屋にも個性的なセレクトブックショップなどが多数存在しているのに、価値が認知されていない。名古屋の書店が参加する、横のつながりを持った『本』に関するイベントができないか」と考え、「リブロ名古屋店」(中区栄3)や「シマウマ書房」(千種区四谷通1)、「cesta」(千種区末盛通1)、名古屋発のフリーマガジン「SCHOP」スタッフらと協力し、「BOOKMARK NAGOYA実行委員会」を結成した。

 期間中は、各店舗ごとにパネル展やブックフェア、トークショーなどのイベントを開催し、活動を通して幅広い年代に「本」の魅力をアピールしながら、各店舗の知名度向上や、新規顧客の獲得を視野に入れる。

 参加店舗は、名駅地区=「三省堂書店」(高島屋店・テルミナ店)、「ジュンク堂書店 名古屋店」「紀伊國屋書店 名古屋名鉄店」、栄地区=「YEBISU ART LABO FOR BOOKS」、「LIBRO名古屋店」、「丸善 名古屋栄店」「旭屋書店 名古屋ラシック店」、「Cafe Loffel」、千種地区=「cesta」、「シマウマ書房」など。ほかに、名古屋各地で本の朗読イベントなどを行う「カタリベカフェ」や、手づくりの創作絵本を制作する教室「なかがわ創作絵本教室」、古本を取り扱う「古本や 猫飛横丁」なども参加。現在37の店舗や団体の参加が決定している。

 主な開催イベントは、雑誌「暮らしの手帖」編集長の松浦弥太郎さんや、芥川賞作家、諏訪哲史さんのトークイベント、各店舗セレクトによる共同ブックフェア「好きな人に本を贈って、名古屋を本のある街にしよう!プロジェクト」、景品が当たるスタンプラリーなど。期間中は、「SCHOP」の協力により参加店舗のマップなどを掲載したイベント共通のリーフレットを作成し各店舗などで配布、イベント当日には「オープニングパーティー&書店員ナイト in NAGOYA」なども予定されている。岩上さんは「このイベントを通して名古屋の書店が協力し、来年、再来年へと続くような『書店カルチャー』の基盤を名古屋でも作っていきたい」と話している。

 「BOOKMARK NAGOYA」の開催は、3月2日までの予定。

BOOKMARK NAGOYA

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?