食べる

名駅エリアに熟成和牛焼き肉店 さまざまな部位楽しめる食べ比べも

いろいろな部位を楽しめる「熟成和牛希少部位盛り合わせ 5種」。写真は4人前

いろいろな部位を楽しめる「熟成和牛希少部位盛り合わせ 5種」。写真は4人前

  •  
  •  

 熟成肉焼き肉店「熟成和牛焼肉 エイジング・ビーフ名古屋」(名古屋市中村区名駅3、TEL 052-485-5470)が5月30日、名駅エリアにオープンした。

「サーロインの焼きすき」はさっと炙(あぶ)って

 運営は新和(東京都北区)。同業態の出店はこれまで関東圏のみで、東海は初出店。2フロアで店舗面積は56坪。席数は全82席で、1階はオープンキッチンの周りに設けたカウンター席のほかテーブル席、個室(2部屋)、2階にはテーブル席を置く。内外装デザインは組木細工などを使った和モダンで統一した。

[広告]

 一頭買いで仕入れた黒毛和牛は、30日前後かけてドライエイジング製法で熟成させる(ホルモンは除く)。同店スタッフによると、30日前後は熟成期間としては「浅め」。「熟成期間が長くなると癖が強くなり、中には好まない人もいる。周りについたカビなどを削ぎ落とすため肉自体が少なくなり金額が上がってしまう。熟成を感じるラインに達し、肉の量も確保できリーズナブルに提供できる30日前後にしている」。

 熟成肉のメリットについては、「うま味成分とされるアミノ酸が5倍になると言われ、うま味が増す。ナッツ香と言われる芳醇(ほうじゅん)な独特の香りを楽しめる。酵素の働きにより肉の組織が壊されやわらかくなる」と言う。

 主なメニューは「熟成和牛カルビ」「熟成和牛ロース」(以上890円)、「大トロカルビ」「マキ」(以上1,790円)、「ヒレ」(2,090円)、「本ミスジ」「ザブトン」(以上1,890円)。希少部位は「ウワミスジ」「マクラ」「クリ」(以上1,090円)、「ランプ」「イチボ」「リブ芯ロース」(以上1,490円)など。「サーロインの焼きすき」(2枚、2,000円)、「上赤身の焼きすき」(1,200円)はさっと炙(あぶ)って「奥久慈タマゴ」の溶き卵で味わう。

 「エイジングおすすめ熟成和牛 7種盛り合わせ」(1人前2,390円)、「エイジングおすすめ希少部位 5種盛り合わせ」(1人前1,390円)などの盛り合わせメニューはさまざまな部位を食べ比べでき人気があり、「味わってみて好きな部位を見つけて楽しんでもらえる」(同店スタッフ)と言う。フレッシュなタンと味の違いを体感できるという「熟成タンと上タンの食べ比べ」(2,390円)も。

 ファンが多いという和だしを使った「冷麺」(950円、ハーフ=650円)、店内で手作りするプリンやムースなど常時5種類程度から選べる「本日のグラススイーツ」(1個300円)も人気。

 コースは「エイジング・ビーフコース」(4,800円)、「希少コース」(5,800円)、「極上コース」(7,800円)3種類を用意。ドリンクは生ビール(600円)やサワー(450円~)、カクテル(590円)のほか、豊富に取りそろえたいろいろな国のワインや愛知の地酒も用意する。価格は全て税別。

 若い人はハレの日使い、女子会、接待、ファミリーで利用もあるという。「熟成肉をたくさんの人にリーズナブルに提供する。気軽に味わいに来てほしい」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は17時~23時。第2月曜定休(祝日の場合は第2火曜)。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?