3密を避けて新しい生活様式へ!

買う 暮らす・働く

イオンモールが「ノリタケの森」横にオフィス複合型商業施設 建設工事始まる

「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」建物外観イメージ(画像提供:イオンモール)

「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」建物外観イメージ(画像提供:イオンモール)

  •  
  •  

 イオンモール(千葉県千葉市)が1月31日、オフィス複合型商業施設「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」(名古屋市西区則武新町3)の建設工事に着手した。

ノリタケの森からの眺め

 JR名古屋駅の北東1キロに位置し、「ノリタケの森」に隣接する同施設。2021年秋に開店を予定する。徒歩圏内には「トヨタ産業技術記念館」もある。周辺では、2027年開業予定のリニア中央新幹線に向けた開発計画が進み、今後も大型工事が予定される。イオンモール広報担当者は「企業の拠点集約・移転や人口増加が見込まれる有望なエリア」と話す。

[広告]

 同施設は商業施設と「働く人と企業の成長を支えるオフィス」を融合する新しい事業フォーマットを掲げる。敷地面積は約5万7000平方メートル、延べ床面積=約14万平方メートル、6階建て。1階はスーパーマーケットや郵便局、託児所、レストラン、2階はコンビニエンスストア、書店、カフェ、3階は医療施設、教室、フィットネス、フードコート(以上、全て予定)。4~6階はオフィスフロアで、1階にオフィスのエントランスを設ける。ワーカー向けに「森の見えるラウンジ」を併設するほか、アプリを使ったランチ予約やロッカーサービス機能も計画する。立体駐車場は7階建てで収容台数約2100台。

 オフィスはモールの上に配置することで、ワンフロア賃貸面積が約7000平方メートルを越える「日本最大級」の賃貸オフィスになるという。「企業の拠点集約ニーズに柔軟に対応でき、かつ拠点集約後もワンフロアでの活発なコミュニケーションが図れるオフィス。ほかのモールでは展開していない構造」と同担当者。「都市型モールとしての文化性・利便性に加え、ビジネス拠点集約も取り込み、新たなランドマークとして名古屋の魅力度向上に寄与できる複合型施設になれば」と話す。

Stay at Home

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?