3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

Zepp Nagoyaで映画「ボヘミアン・ラプソディ」大音量上映会 振り替え上映決定

振り替え上映が決まった「映画『ボヘミアン・ラプソディ』大音量上映会 in Zepp Nagoya」イメージ画像

振り替え上映が決まった「映画『ボヘミアン・ラプソディ』大音量上映会 in Zepp Nagoya」イメージ画像

  •  
  •  

 新型コロナウイルスの影響で開催延期になっていた、Zepp Nagoya(名古屋市中村区平池町4)開業15周年記念企画「映画『ボヘミアン・ラプソディ』大音量上映会 in Zepp Nagoya」の振り替え上映が5月16日に決まった。

 同施設は2005(平成17)年3月11日に開業。大音量上映会はステージの間口いっぱいの約8メートル×14メートルの迫力ある巨大画面に映し出される映像と、映画「ボヘミアン・ラプソディ」に合わせてチューニングするというサウンドシステムから流れる音を楽しめる。

[広告]

 もともと予定していた3月10日は、夜の部は完売、昼の部は残りわずかの状態だったという。同施設の中村新三さんは「あとは当日来場の皆さまをお待ちするだけという状況だったが、延期のやむなきに至った。チケット購入済みのお客さまに延期であることを伝えると、たくさんの方から『中止ではなくホッとした。楽しみに待っている』との声を頂いた」と振り返る。

 チケットの売れ行きと、振替日が土曜で1日2回以上の上映が可能になることから、上映を追加し合計4回にする。「『行きたいが、平日は難しい』と諦めていた方にもお越しいただき、ライブハウスならではの大音量上映を体感いただきたい」と中村さん。「ようやく諸調整がつき、振替日を案内できたことをうれしく思う。お待たせした分、目いっぱい盛り上がっていただきたい」とも。

 時間は、第1部=9時30分開場・10時開映(追加上映)、第2部=12時45分開場・13時15分開映(3月10日昼の部からのスライド上映)、第3部=16時開場・16時30分開映(追加上映)、第4部=19時開場・19時30分開映(3月10日夜の部からのスライド上映)。

 3月10日分チケット購入者は、手持ちのチケットが振り替え上映で有効になる。都合が悪い場合は払い戻し対応する。払戻期間は今月29日まで(期間と手続きは各プレイガイドで異なる)。

 4月18日10時からプレイガイドで、追加上映チケットと、振り替え上映払い戻し分チケットの再販売を行う。料金は1,000円(整理番号付き、全席自由)で、別途ドリンク代600円が必要。当日券はチケットに残りがある場合のみ販売。着席型で各回649席を設置する予定。

※上記イベントは新型コロナウイルスの拡大感染の影響と終息の見通しが立たない状況を鑑み再度延期調整することになりました。(4月13日発表)

Stay at Home

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?