3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

名駅「アムール・デュ・ショコラ」参加シェフ11人がエール動画 SNSで発信

シェフ11人のメッセージを集めたオリジナル動画のビジュアル(画像提供=ジェイアール名古屋タカシマヤ)

シェフ11人のメッセージを集めたオリジナル動画のビジュアル(画像提供=ジェイアール名古屋タカシマヤ)

  • 78

  •  

 ジェイアール名古屋タカシマヤ(名古屋市中村区名駅1)が4月26日、同店で毎年恒例のチョコレートの祭典「アムール・デュ・ショコラ」に参加するシェフ11人のメッセージを集めたオリジナル動画をSNSに投稿した。

 バレンタインシーズンに合わせ開催される「アムール・デュ・ショコラ」は、百貨店のバレンタインイベントとして日本一の売り上げを誇る大型イベント。2020年の売り上げは約32億円で、来場客数は100万人を記録した。期間中はイベント会場に駆けつける国内外のシェフとファンとの交流も人気を集めている。

[広告]

 同店は現在、緊急事態宣言の発令を受け食料品売り場を除き臨時休業している。同企画を発案した同店広報担当者の犬飼奈津子さんは「こうした状況の中でも自分の立場で何かできることはないかと考えた。インスタグラムで、困難な状況下でもさまざまな取り組みをするシェフの姿を見て元気と勇気をもらったことをきっかけに、シェフのメッセージを集めた動画で一人でも多くのお客さまに前向きな気持ちになってもらいたいと企画した」と話す。

 犬飼さんがこれまでのつながりを生かして、各シェフに連絡を取り企画説明。「皆さまとても前向きにぜひ協力したいと言っていただけた」と犬飼さん。撮影は各シェフ側に依頼し、企画に賛同した社内メンバーと一緒に編集した。

 動画は「アムール・デュ・ショコラ」のインスタグラムアカウント(@amour_nagoya)で視聴できる。各シェフからの士気を高めるコメントや、デリバリーやジャム作りなど今行ってる活動紹介などをリレー形式でまとめている。

 動画に登場するのは「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」の青木定治さん、「パティシエ エス コヤマ」の小山進さん、「アッシュ チョコレートワールド」の辻口博啓さん、「ヨロイヅカ EC」の鎧塚俊彦さん、「シェ・シバタ」の柴田武さん、「クラブハリエ」の山本隆夫さん、「MAISON CACAO」の石原紳伍さん、「レ トロワ ショコラ パリ」の佐野恵美子さん、「ショコラトリーヒサシ」の小野林範さん、「カフェ・タナカ」の田中千尋さん、「タキモト」滝本真さん。

 小山進さんは「ジェイアール名古屋タカシマヤで出会う東海エリアのお客さまの『チョコレート愛』にはいつもショコラティエとして喜びと未来に向けた創作の勇気をいただいている。名古屋タカシマヤのお声掛けを元にわれわれにできることを具現化して、お客さまへの恩返しとして今日を生き抜く力になれたら」、辻口博啓さんは「東海エリアの方々にアムール・デュ・ショコラで力をいただいている。こういう時こそ、何かできないかと思っていた時に名古屋タカシマヤから声を掛けていただきとてもうれしい。次回のアムール・デュ・ショコラを復興のシンボルとして開催できるよう今からしっかりと準備をしていきたい」と話す

Stay at Home

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?