名古屋のご当地ヒーロードラマ「グランスピアー」、ロケ地巡りツアー開催

「黄金鯱伝説グランスピアー」登場人物 (C)GRAMSPEAR 2013

「黄金鯱伝説グランスピアー」登場人物 (C)GRAMSPEAR 2013

  •  
  •  

 東海テレビ制作の特撮ヒーロードラマ「黄金鯱伝説グランスピアー」のロケ地を巡るツアーが、8月23日に行われる。

 販売は、トラベルコンシェルジュ(名古屋市西区大金町2、TEL 052-528-4151)で、名古屋に特化したツアー企画「なごやんツアー」を展開する。

[広告]

 「黄金鯱伝説グランスピアー」は、名古屋の街を舞台にしたドラマ。名古屋や東海エリアの名所をロケ地にするほか、セリフや主題歌の歌詞に名古屋弁を使うなど、地域色を押し出したもの。

 愛知大学に通う主人公・帯刀大河(たてわきたいが)が「戦士グランスピアー」に変身し、手にすると世界を滅ぼすほどの大きな力を得ると言われる「覇導石(はどうせき)」を巡って、「妖神オソガイ」一味と戦うストーリー(第1期、2013年10月5日~12月28日放送)。第2期(2014年4月5日~7月5日放送)は、オソガイに仕えていた怪人「アブラゲ」、「コノハ」、「ツキノワ」との新たな戦いを綴った。

 夏休みの限定企画の「黄金バス伝説グランスピアー ~ロケ地巡りツアー2014夏~」は、今回が初めて。コノハ役の河瀬鮎美さんがツアーガイドになり、「道場」、「怪人達のアジト」、「喫茶グランパ」(主人公の家)のルートで、グランスピアーゆかりのロケ地を案内する。「撮影秘話を聞くことができるかも」と担当者。食事場所は「喫茶グランパ」で、「撮影スタッフが食べていた普段は出てこない裏メニュー」を用意する。

 料金は、大人=5,480円、子ども(小学生)=3,780円(子ども用食事)、幼児=3,280円(食事なし、幼児で食事が必要な場合は子ども料金になる)。時間が異なる3班を設定。名古屋駅太閤口「ゆりの噴水」前で集合し、専用バスで移動する。

 詳しい情報と申込方法は、ホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?