見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

円頓寺本町商店街で「クラフトマルシェ」初開催へ 大学生から74歳まで出店

「クラフトマルシェ in 円頓寺本町」を企画した飯田幸恵さん(右)と、高橋栄利子さん(左)

「クラフトマルシェ in 円頓寺本町」を企画した飯田幸恵さん(右)と、高橋栄利子さん(左)

  •  
  •  

 円頓寺本町商店街(名古屋市西区那古野2)で11月7日・8日、手作りの作品を集めた「クラフトマルシェ in 円頓寺本町」が初開催される。

クラフトマルシェ in 円頓寺本町のパンフレット

 同日は、江川線を挟んだ東側の円頓寺商店街で「円頓寺 秋のパリ祭」と、四間道エリアで「四間道秋祭り」が開催される。

[広告]

 昨年「パリ祭」のスタッフをしていた円頓寺本町商店街の飯田幸恵さんは、にぎわう円頓寺商店街から、本町商店街に足を運ばずUターンしていく来街者の姿を見て、「せっかく街を訪れる人に本町商店街でも何か楽しんでほしい」と思い立った。同商店街のカフェ「コモ ハウス」の高橋栄利子さんと、どんな企画がいいかを相談し、ものづくりの街である西区として、「手作り」のものをテーマに据えた今回のイベントを企画。「名古屋友禅、名古屋扇子などの伝統工芸、シヤチハタなどのメーカーなど、ものづくりが盛ん」(飯田さん)、「自分が『手作り』のものが好きで、パリ祭に来る若者にも好まれるのでは」(髙橋さん)。

 出店者は9月初めから募集し、約15日間で60くらいの応募があったという。そこからテーマに似合う出店者をセレクトし50弱が参加する。出店者は大学生から74歳の男性まで、幅広い。

 イラストレーターによる「普通の似顔絵ではない」という似顔絵制作、チョークアートのワークショップ、西区にあるかばんなどのクラフトスクールの受講生とスタッフが手掛ける店、焼き菓子、キッシュなどフードを販売するブースもある。おかきやげんこつあめなどのの出店は、「円頓寺らしく下町っぽくていいのでは」と飯田さん。

 商店街の既存店は、店の「おすすめ」メニュー・商品や、今となっては珍しい昔販売していたものなどを店舗に張り出し、来街者にPRする。

 開催に向け、飯田さんは「那古野の街全体で初めてイベントが開催できる。円頓寺がにぎやかな2日間だったね、といってもらえるようにできれば」と意気込みを見せる。

 開催時間は11時~18時。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?