食べる

庄内緑地公園で「珍肉BBQ」 東京発の肉食イベントが地方初開催

これまで開催した「珍肉BBQ」の参加者の様子(写真提供:Holiday Jack)

これまで開催した「珍肉BBQ」の参加者の様子(写真提供:Holiday Jack)

  •  
  •  

 庄内緑地公園(名古屋市西区)内のピクニック広場で4月2日・3日、ワニやラクダ、カンガルーなど珍しい肉を食べることができるイベント「珍肉BBQ ~ここでしか食えない肉がある~」が開催される。

ワニの手足グリル

 主催は、外国人向け忍者ツアーイベントや珍しく怪しい魚「珍怪魚」を食べるイベントなどを展開している「Holiday Jack」(東京都江東区)。

[広告]

 東京で昨年、10回ほど開催した同イベントでは、合計1000人を超える参加者が「珍肉」を楽しんだ。同社社長の矢野智之さんは世界90カ国を約5年かけてバックパッカーで旅した経歴を持ち、旅の中での経験から「世界の珍肉を日本で」という発想で、同イベントを企画・開催した。

 東京以外での開催は、今回の名古屋が初めて。提携している食肉業者が愛知県の会社で、東京で人気の高いイベントを近くで開催したいという考えと、同イベントに対してツイッターなどSNSでの問い合わせや反応が名古屋からのものが多かったことを受け、その要望に応えるべく、名古屋での開催を決めたという。

 当日提供する料理は、「10kgの豚の丸焼き」「ワニの手足グリル」「ワニタン味噌炒め」「ワニフィレ肉の生姜焼き」「日本初登場!!ラクダバーガー」「カンガルー、ウマ、ヤギなど珍肉ケバブ各種」など約10種類(内容は仕入れ状況により変更の可能性がある)。

 幅広い層をターゲットに据えるが、昨年の開催時に60~65%が女性の参加だったことから、女性に向けてのアピールにも力を入れる。「世間では『肉食女子』という言葉もあるがw、恋愛以外でも『肉食』な女性が多いのでは」と矢野さん。

 開催時間は両日11時~15時。参加料金は一般チケット=6,500円(1日)。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?