天気予報

29

18

みん経トピックス

タワレコが名古屋×嬢メタル名古屋・亀島に自然食品の店

名駅南のホテルで東海3県の食材使うフェア 50種類のビュッフェ料理

名駅南のホテルで東海3県の食材使うフェア 50種類のビュッフェ料理

野菜、魚介、食用花などの食材を使い盛り付けた色鮮やかなサラダメニュー

写真を拡大 地図を拡大

 名古屋駅南ささしまライブ24地区の「ストリングス ホテル 名古屋」(名古屋市中村区平池町4)2階ビュッフェレストラン「シェフズ ライブ キッチン」が現在、東海3県の食材を使った「東海三県フェア」を展開している。

オープンキッチンのまわりには料理が並ぶ

 オープンキッチンで作られる料理の調理中の音や香りなど「ライブ感」を楽しめることが特徴の同店。同企画ではシェフが産地に出向き選んだ食材を使った、約50種類の料理を提供する。同ホテル総料理長の福原聡さんは「海、山に恵まれた東海エリアが生み出したおいしい食材を使った、地産地消のフェア」と話す。

 ファーストディッシュとして提供するスープ料理は、「コラーゲンたっぷり三重県産すずきのパイ包みスープ あおさと初夏レモンの香り」。

 ビュッフェメニューは、愛知県産トマトを使ったカクテル、伊勢茶と昆布のアクセントを効かせたサーモンマリネなどの冷製料理、イタリアンドレッシングや、みそを使ったドレッシング、桜風味の塩麹(こうじ)ドレッシングなどを掛けて楽しめる、魚介と果実のボタニカルサラダ、食用花を使ったサラダなどのサラダメニュー、オリジナルのみそソースで仕上げた松阪ポークのお好み焼き、目の前で揚げる旬の食材の天ぷら、その場で握るすし、豊橋市のキャベツとジャガイモのクリームグラタン、朝から作る手打ちうどんなど温かい料理など。

 デザートは伊勢茶ティラミス、伊勢茶のシフォンケーキ、愛知県産イチゴのショートケーキ、半田市の中埜(なかの)酒造の國盛塩檸檬(れもん)酒を使ったレモンジュレなど。

 ランチとディナーで一部メニュー内容が異なる。価格はランチビュッフェ(11時~14時30分)=平日3,141円、土曜・日曜・祝日3,554円、ディナービュッフェ(17時30分~22時)=同4,381円、同4,794円。子ども(6~12歳)、幼児(3~5歳)は別料金。

 6月30日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「鐵板堂『コメダ謹製 やわらかシロコッペ』」で販売する「小倉マーガリン」「ポークたまご」など具材をサンドした「やわらかシロコッペ」(商品イメージ)
[拡大写真]

アクセスランキング