食べる

名古屋駅近くにカスタマイズピザの店 5種のベースと40種のトッピング用意

「PIZZA 3P’s」店舗前で「お薦め」のカスタマイズピザを手にする店長の藤崎昭博さん

「PIZZA 3P’s」店舗前で「お薦め」のカスタマイズピザを手にする店長の藤崎昭博さん

  • 1

  •  

 カスタマイズできるピザ店「PIZZA 3P’s」(名古屋市名駅3、TEL 052-571-7880)が8月11日、JR名古屋駅近くにオープンした。

店長「お薦め」のバジルベースにミニトマト、エリンギ、ベーコンを合わせたピザ

[広告]

 ソースが異なるベースやトッピングを選んで自分好みの味のピザを楽しむことができる同店。ベースはトマトソースとモッツァレラチーズとバジルの「マルゲリータ」、トマトソースでチーズなしのさっぱりした「マリナーラ」、オリーブオイルとチーズの「ビアンカ」、バジルソースの「ヴェルデ」、クリームソースの「クレマ」の5種類。ベースの価格は店内飲食=580円~、持ち帰り=570円~(以上、マリナーラの価格)。

 40種類以上を用意するトッピングは、カマンベールチーズやリコッタチーズなどのチーズ(9種類)、ベーコンなどの肉類、エビなどの魚介、トマトやパプリカなどの野菜、エリンギなどのキノコ、デザートピザのようにアレンジできる蜂蜜、辛味を加えるハラペーニョなど。トッピングは2~3種類を薦める。トッピングの価格は1種類=100円(税別)~400 円(同)で、100円=星1つで表現する。ベースとトッピングの組み合わせで30万通り以上になるという。

 ピザ1枚の直径は26センチ。粉の配合から手掛けるピザ生地は「外はカリッと、中はフワッとした軽い食感」と店長の藤崎昭博さん。伸ばした生地に選んだベースソースを塗り、トッピングをのせる様子を見せながら作る。焼き上がりの時間は4分。会計時に番号札を配布し、でき上がったら利用客自身が受け取りに行くスタイル。

 出店理由について、藤崎さんは「コロナ禍で『中食(なかしょく)が強い店を』と考え、テークアウトの需要も高いピザの店を出店。想定通り、テークアウト利用も多い」と話す。

 ランチタイム(11時~15時)には、星3個分までのトッピングを選べるピザとドリンクの「カスタマイズセット」、本日のピザとドリンクの「ピザセット」などを提供。ベーコンエッグトーストやピザなどのメインメニュー、ヨーグルトやコールスローサラダなどのサイドメニュー、ドリンクを合わせたモーニングセットも用意する。提供時間は7時~11時。

 イギリス発コーヒーショップ「COSTA COFFEE(コスタ コーヒー)」のコーヒーメニューも提供。店内でコスタ コーヒーを扱うのは同店が東海初。

 「モーニングは店舗上にあるホテルの宿泊客や出勤前のワーカーなどが利用。コスタ コーヒーだけでさっと来店する人もいる」と藤崎さん。ドリンクはこのほか、店で熟成させたバナナを使うバナナジュース「バナナナナナ」、自家製の「ジンジャーレモネード」や「ジンジャーエール」なども用意する。

 店舗面積は39坪。席数は約40席。混雑具合にもよるがデリバリー(宅配料=500円)にも対応する。

 営業時間は7時~21時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

名駅経済新聞VOTE

10月31日(日)は衆議院議員総選挙の投開票日です。期日前投票などを含め、投票に行きますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース